派遣で働くということ

昔は派遣といえば就職活動中や、アルバイトのさらに短期版の様な物でした。日雇いの様なものでした。

今現在の派遣でもあるかと思いますが、毎日違うとこに行って色んな仕事をして、基本的には誰にでもできる作業を割り振られるというイメージでした。
それはそれで毎日新鮮で新しい環境で仕事をできるのは別に悪いことではありません。
いろんな経験をすることができるし、いろんな人と出会うことができます。他にも移動を伴う、運送会社などで有るなら色んな場所にいくことも良い経験となるでしょう。
特に人ところに定着していないので、気は楽でしょう、責任も人間関係もそれほど気にする事もないでしょうし、
上司や同僚に必要以上に気を使う必要もないでしょう。
場所によっては、普通にアルバイトをするのと遜色ない程度に報酬ももらえる所もあると思います。
強いて言うならば、社会的信用の低さ、期間の定められた契約でなりったっているので、ローン審査が正社員に比べると通りにくい事や、生活の安定性は低い事かと思います。
色んな事を経験したい時には、派遣で働くということも良いのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>